MENU

借金には時効がある

あなたの借金は時効かもしれません

 

もし、時効期間が経過しているのなら正しい方法で時効を成立させなければなりません。借金の時効が成立すれば借金の支払い義務は無くなります。しかし、借金時効には注意が必要です。

 

なぜなら、消滅時効が成立する条件を満たし、借金の事項を十分理解したうえで行動しなければ時効援用ができなくなる場合があるからです。

 

時効の援用とは、例えば消費者金融の借金なら時効期間が5年です。その一定期間が過ぎ私の借金は時効になったのでお金は払いませんと、消費者金融へ意思表示することです。借金の時効援用など口頭でも可能とされていますがやはり言った言わないなどトラブルになりがちなのでしっかりとした手順で時効援用手続きを行ったほうが安全で確実でしょうね。

 

時効援用の手続きは専門家に相談し、時効援用が成立するかどうかの確認をおこなっていただいたうえで債権者(お金を借りたところ)へ時効援用通知を内容証明郵便で郵送してもらうのが一番確実です。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

時効援用が成立すると債権者からの請求も止み借金を支払う義務も無くなります。
そして、借金の不安から解放され安心した生活を送ることができますね。

 

何年も前の借金は、もう時効になっているかもしれない…突然、昔の借金の督促状や請求書などが届いてきたなら消滅時効の成立を失敗しないためにもすぐに専門家の無料相談を利用しましょう。

 

忘れた頃に届いた5年以上前の消費者金融やクレジット会社からの督促状

 

何年も前から未払いのまま放置していた借金を思い出す…

 

もう、借金していたことすら忘れていたけれどやっぱり支払わなければならないのかと、この日を堺に再び借金で不安になる日々に逆戻り。

 

でも、この借金は、時効になっているんじゃないのか?などと

 

確かな根拠や知識がないので不安だけが募ってしましますね。

 

借金に時効があるならばできれば払わずに済ませたいと思うところではないでしょうか。

 

借金時効を可能にするのが消滅時効援用です。

 

 

ローン会社やクレジットカード・サラ金・消費者金融・携帯電話会社の代理人(弁護士事務所)などから突然、督促状や催告書が届いていませんか?

 

支払いが滞ってからすでに5年以上もたっていたらあなたの借金は時効かもしれません。そう、債権者が権利の消滅を認め消滅時効になります。

 

早い話、一定の期間支払いをしていなければ時効を迎え借金の支払い義務が無くなるということです。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

借金の時効

借金の時効とは、債権者(消費者金融などお金を貸した会社)が債務者に対して請求をせず法律で定められた一定期間、債務の返済をしていなかった場合に返済義務が無くなるというものです。

 

その一定期間は、消費者金融・クレジット会社・自動車ローン・携帯事業者など会社にあたる場合は5年(商法第522条)、個人での借金は10年(民法第167条1項)で時効となります。

 

 

借金の時効期間

借金時効の5年はいつから数えればよいか?

 

消費者金融やクレジットカード、銀行ローンなどの借金問題では通常5年ですがいつから5年経てばよいのかというところがわかりにくいのではないでしょうか。

 

消滅時効の起算点は最後に支払が滞った支払日の翌日からカウントします。

 

 

しかし、日本の法律では借金時効の期間を迎えたとしてもそのままで時効は成立しません。時効になる一定期間が経過しただけでは借金がなくならないのです。

 

借金を放置していればいつまでも督促状や催告書などが送られてきます。

 

これは、借金をした人が時効は迎えたけれど「借りたお金はいつか必ず返済したい」と思う方がいた場合、借金の返済ができるようにしたものです。

 

会社の資金繰りや生活費で困っていた時に助けてもらった恩や義理を返したいと思う日本的な心情や考え方があるのかもしれません。

 

このご時世、この不景気に「生活することもままならない状況だ」という方たちも少なくありません。

 

当時は生活がが苦しく食べていくのもままならない切迫した状況でローンやクレジットの支払いが滞り、初めのうちは請求の電話や督促状が送られてきたけどいつしか請求も連絡も来なくなってしまった。

 

そして、数年の歳月が経ち忘れた頃に請求のはがきが届いた。支払えるお金があれば払いたいが今の生活もそんな余裕がない。できればこのまま払わずに済ませたいと考えるはずです。

 

そのような場合には、借金の時効(消滅時効)を成立させる時効の援用が必要になります。

 

 

時効の援用

時効援用とは、簡単にいえば一定期間を過ぎて時効になったのでもう、払いませんと債権者へ意思表示することです。

 

通常、時効の援用は、一方的に口頭や郵便などで伝えられればよいとされますが債権者側から「そんなの聞いていない」とか「そんなの届いていない、見ていない」と言われてしまうと時効の援用をおこなったことを証明するのが大変ですね。そういったことにならないためにも「内容証明郵便」を利用します。

 

内容証明郵便は、郵便局がいつ・誰が・誰に、どのような内容で手紙を送ったかということを郵便局が証明してくれるというものです。内容証明郵便を利用することによって、見ていないとか受け取っていないということは、公的に通用しなくなります。

 

 

借金時効が成立するのポイントは2つ
  • 法律で定められた一定期間、時効を中断する事由がなく経過していること
  • 債務者(お金を借りた人)が消滅時効を主張し時効の援用をおこなうこと

 

時効を成立させる時の注意事項

時効の中断事由についてお伝えしますね。

 

ココを気をつけないと時効援用ができなくなる場合があります。

 

誤った判断で行動するのは控えましょう。

 

不安な要素がある場合は専門家へ相談するのがよいでしょう。

 

お金を貸した消費者金融やサラ金や銀行ローン・クレジットカード会社など債権者側はお金を回収しなくてはなりません。もちろん、時効が成立してしまうことは極力回避したいはずです。債権者は、時効の利益を受けようとする債務者が時効の期間を迎えたとしても簡単には時効を成立させてはくれません。個人で電話などを使って時効を主張するのはもっとも危険な行為かもしれません。

 

時効の中断事由
  • 裁判所を通じて訴訟や支払い督促などの請求があった場合
  • 差し押さえ・仮差し押さえ・仮処分など債権者が裁判所に申し立てした場合
  • 債務を承認した場合

 

裁判上の請求があった場合、時効が中断されます。

 

債務を承認した場合とは、たとえば電話で借金返済の催促があった時に「今月は無理なので来月支払います」と口頭で告げたり、「借金の一部を返済する」・「債務確認書」の同意と署名・捺印、「債務の返済計画書」をいいます。

 

上記、時効の中断事由にあたる場合、時効期間が経過していても時効の放棄とみなされ時効期間がリセットされるおそれがありますので注意が必要です。

 

時効期間がリセットされるとは、読んで字のごとしですが、せっかく時効期間が経過しているのにまた5年の時効期間に戻されてしまうと言うことです。注意して下さいね。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

 

借金時効のまとめ

借金時効の相談

借りたお金は返さなくてはいけないというのは世間一般的な常識ですね。

 

しかし、中にはどうしても返済することが出来ずに何らかの手段を取ることがあります。

 

それはローンの一本化だったり任意整理や特定調停・個人再生・自己破産といった債務整理だったり人によって様々ですが、どうしようもなくなって夜逃げしてしまうような人も中には存在します。

 

ですが、夜逃げしたところで結局のところ借金の根本的解決にはなっていないのではと思われる方もいるでしょう。

 

借金にも時効があるということはご存じの方も多いと思いますが時効についての知識を身につけている方は少ないはずです。

 

 

時効というと事件が起きた時に犯人が捕まらず、結局迷宮入りしてしまう場合に使われますが借金の場合には時効が成立すると返済義務が無くなるのでお金を返す必要が全くなくなります。

 

それならば、借りるだけ借りて逃げ続ければ良いのかというとさすがにそういうわけではありません。

 

前にも述べましたが、時効が成立するにはいくつかの条件をクリアしないといけないのですからね。

 

一つは刑事事件などと同様に一定期間借金を返済していないことが挙げられます。

 

この期間は貸金業者の場合には5年間です。

 

多くの借金問題の場合、貸金業者というのは消費者金融や銀行、クレジット会社なども含まれます。

 

この5年間というのは返済日にお金を返さなかったその時から5年間ということで、お金を借りた日ではありませんので注意が必要です。

 

 

s1

また、債権者が裁判所に請求の訴訟を起こしたり差し押さえなどの手続きをした場合には時効が振り出しに戻ることもあります。

 

その場合には新たに10年間期間が延長されることとなります。そして、重要なのがこの時効というのは何もしないでも一定期間過ぎれば成立するというわけではなく手続きが必要ということです。

 

 

もし、債権者に借金を返済する意思が無いということであれば時効の援用を行なう旨を伝えなければならないのです。

 

この手続きは個人でも行なうことが出来ますが、成立していたと思っていても実はまだ条件を満たしていなかったということもありますので、弁護士や司法書士などの専門家に相談して時効援用の手続きを行なうのが懸命でしょう。

 

 

借金の時効成立で晴れて借金がなくなったことで得られる新しい生活もあります。

 

自分の収入や生活状況を見直し新たな生活の再スタートを切りましょう。