MENU

クレジットカードで作った借金には時効がある

若い頃に作ったクレジットカードでキャッシングやショッピングに利用していたけれど、生活設計も立てずに少し無茶な使い方をしてしまった結果、支払いができなくなってしまった。

クレジットカード時効の期間

 

クレジットカード会社から頻繁に催促の電話や督促状が来ていたけど、引っ越しをしてしまった関係もありクレジットカード会社からの請求が途絶えてしまった。

 

そして、クレジットカードの借金を払わなければいけないと思いつつも時が過ぎてしまった。
借金の催促から逃げてるうちに止まったけど、これでブラックリスト入りしてるんだろうなー

 

そして、年月が過ぎたある日突然に届いた昔のクレジットカードの請求所に驚く!

 

なんてね。w

 

よくある話ですが、こんな状況になっていませんか?

 

ひょっとして、あなたのクレジットカードで作った昔の借金は、時効じゃないですか?

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

 

クレジットカードの時効期間はいつから5年?

syaki2

クレジットカードを使用した場合は、当然ながら返済をします。

 

これって、世の中の常識ですよね。

 

借金の返済をしなかったら電話が来たり、督促状が送られてくるということはよく知られています。

 

ですがもし返済をしないまま5年経つと、その借金は無効になってしまいます。

 

無効になってしまうと言ってもそのまま5年間放置しとけば借金がなくなるわけではありませんよ。

 

実はクレジットカードで作った借金の時効には一定の期間が必要なんですね。

 

クレジットカードだけではなく、・キャッシングローンに銀行ローンや消費者金融などからの借金も同様です。

 

 

ではクレジットカードを使っていつから数えて5年間放っておけば、返済をしないでいいのかというと

 

ズバリ!クレジットカードの借金時効は5年です。

 

いつから数えればよいかは、最初にクレジットカードを作ったときに決めた毎月の支払日の翌日からです。

 

毎月の支払いや自動引き落としが15日なら16日から数えて5年です。

 

クレジットカードの借金は商事債権と呼ばれるものになりますので時効期間は5年以上経過していれば、時効の援用を行うことで時効は完成し、借金を支払う必要がなくなります。ちなみに、個人から借金した場合は、この時効の期間は10年となります。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

5年経ったら時効の援用で借金チャラ!

syaki3

ここでは、時効の援用方法をかんたんにお伝えしますね。

 

借金チャラ!というのは、ちょっと表現が適切ではないですね。

 

しかし、法律上では5年経った借金を時効の援用を行うことで借金の支払い義務がなくなることは専門家なら誰でも知っている周知の事実です。

 

代表的な時効の援用方法

 

口頭で私は時効なので借金は払わないと債権者に言う

もっともシンプルな時効の援用ですね。相手に自分は時効(期間を迎えたから)になったから支払いはしませんと伝えるだけでいいのです。時効と伝えられた相手は時効期間を確認し納得すれば、それで時効は完成です。

 

言った言わないでも揉めないための内容証明郵便を使う

口頭で伝えた場合伝えた相手によって担当部署が違っていたり忘れてしまったりと後々トラブルになりかねません。確実に時効の援用を完成させるなら内容証明郵便を使えば間違いないでしょう。

 

内容証明郵便とは「いつ・誰が・誰宛に・どんな内容で手紙を出したか」ということを郵便局が公的に証明してくれる郵便のことをいいます。
かんたんに言うと、郵便局が時効の援用をしたことの証人になるということですね。それだけ内容証明には確実性の高い証拠力があるんです。

 

 

昔の借金の催促で電話がかかってくるケースも少なくありません。電話口に出ている相手はプロです。プロの債権回収です。迂闊に電話に対応して相手の口車に乗ってしまう危険が大いにあるんですよ。

 

次の項では、時効の失敗につながる中断事由について説明しますね。

 

借金の時効失敗は中断事由にあり!

syaki4

時効が失敗する要因として時効の中断事由というものがあるんです。

 

以下のことに当てはまっていれば時効は中断されます。

  1. 裁判所を通じて訴訟や支払い督促などの請求があった
  2. 差し押さえ・仮差し押さえ・仮処分など債権者が裁判所に申し立てした場合
  3. 債務を承認した(自分の借金を認めること)場合

 

借金の時効はただ5年間という期間がすぎれば時効になるわけではないと言うことは先程お伝えしましたね。また、5年という時効期間が経過していれば時効の援用をおこなえば時効は完成し、借金の支払いは免れますともいいました。

 

ただ、5年間の間にちょっとしたトラップがありましてそれに引っかかってしまうと時効は中断されてしまい失敗に終わってしまいます。失敗するだけでなく一括返済を迫られたり裁判上で請求を起こされてしまったり時効期間が5年から10年に延長したりと嬉しくないことばかりですね。

 

そんなことにならないようにしっかりと時効の中断事由に自分が当てはまっていないかを確認しておくことが重要ですね。

 

特に3つめの債務の承認は時効の失敗につながるケースとして確率が高いので注意してくださいね。

 

時効の中断事由で注意すべきことは2つ

裁判所からの通知(郵便物)は無視してはいけません。見てみないふりしてると自動的に裁判所の判決が確定してしまいますので必ず開封して確認するべきです。そして、必ず法律の専門家に相談してくださいね。期間は裁判所からの通知を受け取ってから2週間です。

 

最後に

syaki5

クレジットカード会社や信販会社・消費者金融、銀行ローンなどは金融のプロですからそんなに簡単に、時効を迎えさせることはありません。また、仮に時効期間を迎えてその借金を返済しないで済んだとしても、ブラックリストに掲載されるといったペナルティが待っています。

 

俗に言うブラックリスト(信用情報)に事故情報として記載され新たにローンを組んだりクレジットカードなど作ることができなくなってしまいます。借金に悩んだとしても時効を待つようなことにならないのがよいのですが、

 

もし、支払いが滞ってから一定期間(5年以上)経過している借金だとしたら、時効の可能性もあります。

 

しかし、何もせず。ただ、時効になるわけではありません。

 

時効期間が経過しているようでしたら、自ら時効援用手続きをおこなうことで借金の支払い義務が無くなるのです。

 

クレジットカードの時効期間に判断がつかない場合は、司法書士など専門家の無料相談を利用することです。

 

借金のない世界は気楽な世界ですね。

 

私は、無理して借金を重ねる生活よりも借金の心配がない生活を選びます♪