MENU

借金は時効援用手続きすることで消滅する

今まで放置していた借金は、一定の期間を経過していれば時効援用の手続きを行うことで支払いを免れます。ただし、時効援用を完成させるには時効を中断される行為をおこなっていた場合、時効の援用を行うことはできなくなり、支払っていなかった借金を払うことになりかねません。

 

 

まずは、自分が借金の時効援用手続きができるかできないか、しっかり確認しましょう。

 

借金とひとくちにいっても、貸金業者から借りたもの、住宅ローンなどに代表されるように金融機関から借りたもの、または個人から借りたものなどが存在しますが、実は借金においても時効というものがあります。

 

そして、時効によって借金を消滅させるためには一定の要件が必要になります。

 

 

一つ目の要件は、一定期間借金の返済を行っていないということです。

 

この一定の期間とは、貸金業者や銀行などから借りたお金の場合には5年間、親戚や友人などの個人から借りた場合には10年と定められています。

 

 

そして、2つ目の要件は、時効が中断されていないということです。

 

時効の中断は、債権者が裁判所に請求訴訟を起こしたり、差し押さえを行うことで成立します。この場合には時効は振り出しに戻ることになりますので、ここからさらに一定期間が過ぎない限りは消滅時効にかかることはありません。

 

 

そしてもう一つの要件が時効援用の意思表示を債権者に対してすることです。

 

一定期間が時効の中断なくして過ぎたからといって、借金は時効によって自然に消滅するわけではありません。

 

つまり、一定期間が過ぎた後に借金の請求訴訟を起こされたような場合でも、裁判において「時効を援用します」と主張しなければ、借金はそのまま債務として存在し続けるのです。

 

時効によって借金が消滅すること自体を知らないと、時効援用することは不可能ですから、ぜひ知識として覚えておきましょう。

 

借金の時効に関するトラブルは、「私は時効だ!」と口頭で伝えても時効援用はできます。しかしながら、人間が口頭でつたえると言うのは不確実な要素を含みます。当然、言った言わないなどという問題も生じます。

 

ここは、しっかりと時効援用の手続きを行うプロに相談するのが確実ですね。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション