MENU

時効援用の失敗例を集めました!

時効の援用失敗0A
すっかり忘れたころに昔の借金で請求が来た!

 

もう、時効のはずじゃないか?と思いながら半信半疑でどう対処しらたよいものなのか悩んでいませんか?

 

借金の時効を完成させるには一定の条件が必要になります。

 

借金を時効にするための条件はいくつかありますが、1つでも条件を満たせていなければダメなんですね

 

時効を妨害される事柄としては、債権者もただ黙って指をくわえて見ているわけではありませんし、そのほかにも債権譲渡先のサービサーも債権回収のプロです。あの手この手であなたの借金時効を阻止してくるんですw

 

でも、一番肝心なのはあなたに時効の援用に対しての知識が無いことにあります。

 

知識を身につけて無事に昔の借金を時効にしてくださいね。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

借金の時効が完成する条件とは

時効の援用失敗0B

 

借金の時効が完成すると昔に借りたまま返していないお金の返済義務が消滅します。

 

そのためにクリアしないといけない条件はたったの2つ!

 

  • 時効が成立している

    (時効期間が過ぎるまで1円も返済していない)

  • 時効手続きで貸主に時効の制度を利用することを伝える

 

この2点をきちんと行うことが出来れば、返済する必要も、しつこい催促からも解放されることとなるんですね。

 

あなたが時効の援用を成功させるためには、上の条件を満たしているか確認するのが重要です。

 

時効期間はほとんどの商事債権(貸金業者からの借金)は5年ですが、一部例外がありますからこちらで確認してくださいね。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

時効の援用で失敗するケース

時効の援用失敗0C

 

ここでは時効の援用で失敗するケース例と、時効援用にミスした理由を説明していきます。

 

時効の援用に失敗したケース例:

 

携帯電話の通話料を滞納して返さないまま4年以上がたち、半年以上も請求書や携帯会社からの電話も途絶えていました。
そろそろ時効期間が過ぎて請求がこないんだろうって思い込み、時効の手続きしたら時効の援用に失敗。今は毎月のように督促状が送られてきます。

 


 

失敗理由:

 

携帯電話の通話料金の時効期間は5年ですから、そもそも時効が成立する条件を満たしてません。
時効期間の5年間が過ぎる前に援用手続きを行ってしまうと時効は確実に失敗します。


時効の援用に失敗したケース例:

 

クレジットカードでキャッシングを6年前にしてから滞納を始めたが、カード会社の督促に負けていままで何回か返していた。
クレカの時効期間が5年と聞いたので、キャッシングローンを組んでから6年過ぎて時効にできると思い手続きしたが認められなかった。


 

失敗理由:

 

時効期間は最終返済日から起算するのを知らなかったために失敗したケースです。
クレカ会社からの借り入れは6年前でも、最終返済日から時効援用手続きをするまでが5年未満で時効が成立していませんから時効は認められません。


時効の援用に失敗したケース例:

 

大学時に奨学金を借りていましたが、就職がうまくいかずに返済不可能になり、各地を転々としながら住み込みの仕事をしてきました。
住み込み先で7年ほど契約社員として働いてきましたが、正社員の話があり就職を機に借りたまま返済をしていない奨学金の時効をしようとしましたが失敗しました。


 

失敗理由:

 

奨学金の時効は成立するまで10年です。
時効期間を間違ってしまい、時効成立前に援用手続きをしてしまったために失敗したケースとなります。


時効の援用に失敗したケース例:

 

キャッシングローンや消費者金融など数社から融資をうけていましたが、返済する余裕もなく毎月のようにおくられてくる請求書や督促状は無視し続けていました。
ある日裁判所から書留が何度か送られてきましたが、面倒なことになりそうだと他の請求書と同じように無視をした覚えがあります。
借金の時効を知って手続きしましたが、キャッシング会社1社に返済を求めて訴訟を起こされていたらしく時効にできませんでした。。


 

失敗理由:

 

債権者が借金の返済を求めて裁判所に訴え、当人不在の欠席裁判で判決が出たため時効期間が判決が出た日から10年になっていたケースです。
裁判所からの訴状や支払督促は無視せずに、受け取ってから2週間以内に答弁書もしくは異議申立書を裁判所まで返送するようにしてください。
裁判所からの特別送達が送られてきたら放置せず、無料相談でかまいませんのではやめに弁護士や司法書士に相談をするようにしましょう。


時効の援用に失敗したケース例:

 

生活が苦しく消費者金融からの借金をしましたが、資金繰りがうまくいかず住民票も移さず引っ越しして消費者金融との連絡を絶ち、返済の振り込みもしませんでした。
新しい住居の方には5年以上も消費者金融から何の請求も来なかったので、時効にできるとふんで時効手続きをしましたが、数年前に返済を求めた訴訟をおこされていたために時効援用に失敗しました。


 

失敗理由:

 

金融会社が裁判所に訴えたため訴状は送られましたが、訴えられた当人が引っ越ししていたため送り先不明で公示送達を経て欠席裁判として扱われました。
公示送達とは裁判所前の掲示板などに詳細を省いた訴状が貼り出され、訴訟された本人が受け取ったと見なす制度のことで、本人が知らない間に時効期間が10年になっていたケースとなります。。


時効の援用に失敗したケース例:

 

見知らぬ会社(債権回収会社)から請求書が届いても架空請求だと思って放置していたら、裁判所からの督促状がとどいてあわてて連絡して取り下げてもらった。
その後に請求書が送られてくる前に時効の援用をしたけれど認められなかった。


 

失敗理由:

 

訴訟による時効期間は訴訟の取り下げで回避しましたが、債権回収会社(サービサー)への連絡により、時効の中断がおこっていますから直後に援用しても認められることはありません。


時効の援用に失敗したケース例:

 

引っ越しをして住民票を移したら7年前に借りて未返済のままだった消費者金融から督促状が届いたので急いで督促状に書いてあった連絡先に電話した。その後で時効援用の手続きをしたが完成しなかった。


 

失敗理由:

 

最終返済日が7年前とのことなので時効は成立していましたが、督促状をみてあせって消費者金融に電話したので、時効の中断事由にひっかかってしまいました。
消費者金融に連絡せず、時効手続きをするか先に弁護士や司法書士に相談していれば時効が完成していただけに、もったいないと思ってしまった事例です。

 

時効の中断事由については下の「時効の援用が失敗する中断事由のこと知ってますか?」のところで詳しく説明しています。

 

時効の援用で失敗する人の特徴

時効の援用失敗0D

 

時効の援用に失敗しやすい人の特徴を挙げてみましょう。

 

一人で判断して勝手に行動してしまう人

時効援用のことを知って、きっとオレの借金も時効にできると思って何も調べず手続きを進めてしまうとミスしやすくなります。

 

面倒な手続きを嫌がる人

銀行やクレジットカード会社からの督促状の中身なども確認せず、ちょっと調べただけで時効援用することで知識不足から失敗します。

 

落ち着きがない

借金の時効を完成させるには情報確認のために待つことも必要です。あせって手続きをしても失敗するだけです。

 

人に相談するのが嫌な人

時効の条件を満たしているかをチェックする際は、弁護士や司法書士に相談することで成功率はアップします。詳しい人の意見を取り入れられない人は細かなミスに気がつくことが出来ません。

 

常に自分が正しいと思っている人

自分が常に正しいと思い込んでいると時効援用の手続き方法が間違っていても、自分の方法が正しいと信じて間違ったまま突き進んでしまいがちです。

 

思い込みが激しい人

この方法で大丈夫だと思い込んでしまうと人からのアドバイスを受け入れられず、掲示板や知恵袋などで仕入れた情報を信じ込んで間違った方法をとってしまいやすくなります。

 

気が弱い人

気が弱い人は携帯料金の滞納や消費者金融からの督促の連絡に過敏に反応したり、電話で要求されると少額返済を繰り返すなど、自分から時効が成立しなくなるような行動をしてしまうがちです。

 

時効援用には専門家に意見を求めたり、確実に成功させるため場合によっては確実に時効期間が過ぎるまで待つ姿勢が大事になります。確認不足なのに軽い気持ちで手続きをしたり、面倒な方法をとらず安易なやり方ですすめてしまうことは、時効の援用の失敗を招いたり、のちのちのトラブルを引き起こしかねません。

 

時効の援用が失敗する中断事由のこと知ってますか?

時効の援用失敗0E

 

時効の援用が失敗しやすい理由に時効の中断があり、時効の中断事由に引っかかってしまうと時効期間はリセットされてしまいます。

 

時効の中断事由は3つあります

 

請求

貸し主が裁判所に返済を求めて訴訟を起こしたり支払督促を裁判所に申し立てることで起こります。
裁判所からの通知は2週間以内に答弁書もしくは異議申立書を返送しないと債権名義がとられて時効期間は10年になります。

 

差し押さえ、仮差押えまたは仮処分

「請求」により裁判所に訴訟や支払督促を起こされて給料や財産の差押えをされると、再び時効期間がリセットされます。

 

承認

時効援用がミスするもっとも大きな理由が、この「承認」になります。
簡単に言ってしまえば「未返済の借金があることを認める」ことで時効は中断されます。
貸金業者へ電話をしたり、請求書や督促状に同封された書類にサインして送ってしまうと時効期間は再スタートされることに。

 

時効の中断のこわいところは、すでに時効が成立(時効期間がすぎた)状態でも、中断事由によって再び時効期間が過ぎるのを待たなくてはならないトコロです。
ちょっとした罪悪感から返済したり、「とりあえず1,000円でもいいから」なんて貸金会社からの要求通りに振り込んだだけでアウト!丁寧な口調や親切そうな対応でも金融会社は借金の時効を中断させて、返済させるチャンスを狙っているんです。

 

絶対失敗しない時効の援用手続きの方法とは

時効の援用失敗0F

 

時効の完成を待たない限り、確実に時効の援用を成功させる方法はありません。

 

ただし時効期間が過ぎていれば、配達証明付きの内容証明による時効援用手続きによって時効援用は確実に成功します。

 

知恵袋や教えてgooの回答の中には、電話や普通の手紙で大丈夫なんて書かれていることもありますが、時効の援用後に金融会社から「時効の援用なんてされていない」「そんな電話は受けた記録がない」などと主張されて、地黄援用自体をなかったことにされかねません。

 

配達証明付きの内容証明であれば、郵便局が時効援用した日や手紙の内容、金融会社が受け取った日時までが記録されるので証拠能力はバッチリです。

 

弁護士や司法書士といった法律関係者も最終的な手続き方法として内容証明を使うほど実績のあるやり方ですから、金融会社にウソの主張をされない確実な方法をつかうようにしましょう。。

 

時効の援用手続きの流れ

 

借金を時効援用するさいの手続きの流れを説明していきますね。

 

銀行やローン会社、クレカ会社等の金融会社から請求書が送られてきた

 

長期間なんの連絡もなかったのに、突然に住まいに請求書や督促状が送られてきて、中身を見たら利息で膨れあがる請求額や、滞納を続けるようなら法的手段をとることがあるなんて文面を見ると不安な気持ちにおそわれるでしょう。
ですが督促状などにかかれた文面におどろいて、あわてて金融会社の連絡先に連絡をしたり、書類を返送するなどはしてはいけません。
「期日までに返します」「返済できません」のような発言をしてしまうと時効が中断され時効援用のチャンスが失われてしまいます。

 

こちらからは決して連絡をしないで、返せない借金が時効にできないかをまずは調べてみるべきです。万が一携帯や自宅の電話に連絡があっても、「後日こちらから連絡します」で押し通しましょう。
金融会社に言質をとられないよう、何を言われても「確認する」「身に覚えがない」「後で連絡する」と切り抜けてださい。

矢印

時効期間が過ぎているかの確認をしてみましょう

 

金融会社相手の借金(商事債権)の時効は5年間。
契約書や請求書、催告書などに貸し付けされた日などが記載されているはずなので確認してみてください。

 

大事なポイントは時効にできる可能性があるかをハッキリさせること。

矢印

不安があれば専門家に相談

 

時効にできるか不安があれば弁護士や司法書士のような専門家に相談してください。

 

相談先としては法テラスや弁護士会、司法書士会、役所の相談窓口の他に、時効援用に詳しい事務所の開設している無料の相談窓口があります。

 

借金を時効にするなんて人生にそう何度もあり得ることではないですし、わからないことがあって当然です。弁護士や司法書士に疑問に答えてもらえば不安な気持ちが解消できるでしょう。

 

  1. 相談する前には借金をしたのはいつか
  2. 契約書の有無
  3. 請求書が届いているか
  4. 身に覚えのない借金ではないか?

 

上記のようなポイントをメモして手元に置いておくと相談時にあわてずに状況を説明しやすくなります。
時効援用の実績がある事務所であれば、時効にできるかをの判断材料について質問にして聞いてくるかもしれません。できる限り思い出して答えるようにして、思い出させないことがあれば思い出せないと答えるようにしましょう。

矢印

 

時効援用通知書の作成

 

あなた自身で時効援用すると決めたら、金融会社に送る時効援用通知書を作成する必要があります。
時効援用通知書のテンプレートはネットや本で数多くありますから、契約内容に応じて書き換えて通知書をつくりましょう。
通知書は同じ内容のものを3通準備してください。

 

通知する内容は

・援用する日付
・債権者の会社名・所在地・代表者名
・契約番号や会員番号、契約日(契約内容が特定できる情報)
・自分の住所・生年月日・氏名・会員番号
・消滅時効が完成しているので援用すること
・今後の請求は控えること

など、ネットにいくつもの文例があるので参考にするといいですね。

 

内容証明郵便には文字制限があります。

縦書きの場合
・1行20字以内、1枚26行以内
横書きの場合
・1行20字以内、1枚26行以内
・1行13字以内、1枚40行以内
・1行26字以内、1枚20行以内

用紙1枚につき上記の文字数以内に納めるようにしてください。文章が長くなれば2枚以上使っても大丈夫です。

 

用紙に決まりはありませんが、A4もしくはB5用紙が送りやすくて便利ですし手に入れやすいんじゃないでしょうか。
パソコンを利用してプリントしてもいいですし、手書きでもかまいません。

矢印

内容証明郵便で郵送します

 

内容証明郵便を送る際には

時効援用通知書(3通)
封筒の表に受取人、裏に差出人を記載した封筒1通
印鑑(認め印でかまいません)
郵便料金(通知書が1枚なら1,252円)

内容証明郵便を取り扱っている郵便局にもっていきましょう。
内容証明郵便は大きめの郵便局でないと取り扱ってもらえません。
お住まいの最寄りの郵便局では取り扱っていないかもしれませんから、事前に確認したり郵便窓口に聞いてみるといいですよ。
内容証明を出すのにかかる料金は1500円程度ですが、郵便局が遠ければ交通費などが別にかかります。

 

心配なら専門家に助けを求めよう

時効の援用失敗0G

 

時効援用にそうそう慣れてる人っていません。いくらネットや本などを読んでも不安であと一歩前に出る勇気がなくてあきらめてしまう人というのはどうしてもいらっしゃいます。

 

  • 自分で手続きをすると失敗しそうで心配
  • 急いで時効援用したいけど時間がとれない
  • 家族や夫、妻に過去の借金がバレないうちになんとかしたい
  • 信頼して任せられる人に手続きをお願いしたい
  • 将来マイホーム購入を考えているので今のうちに昔の借金を時効にしたい

 

あなたも上のような状態ではありませんか?

 

法律関係者でもない限り時効に対する知識不足や手続きに対しての不安はそう簡単には解決できませんよね。

 

法律事務所や法務事務所の中には無料の相談窓口を開設していたり、メールでの相談に対応してもらえる事務所もありますから、相談の電話してみてはいかがでしょう。

 

さらに時効援用自体を弁護士や司法書士に任せてしまえば、あなたが自宅でくつろいでいる間に専門家が時効援用手続きを進めてくれます。

 

専門家による消滅時効の援用にかかる費用は債権者1社あたり30,000円ほどが相場。

 

法手続きのプロにまかせる安心感とひきかえる金額として、高いか安いかの判断はあなた自身で行ってください。

 

私の意見としては、弁護士や司法書士名義での時効援用は時効援用後のトラブルも格段に起こりにくいのでオススメしたいところです。

 

まとめ

時効の援用失敗0H

 

時効援用を失敗する最大の原因は知識の不足による不用意な行動です。

 

時効の中断を知らなくて、督促状や催告書が届いたときに銀行やクレカ会社に電話してしまった。

 

時効手続きのことを知らずに、借金の時効は5年と信じてなにもしてこなかった。

 

少額の返済をすればしばらく請求が止まるので安心していた。

 

正しい時効手続きが分からず、電話やハガキ、メールなどで時効援用してしまった。

 

こんな間違った方法で時効援用してしまえば、金融会社からみたら時効期間は延長されて、利息や遅延金が高額になったら裁判所に訴えれば強制回収できる機会が増えます。

 

時効援用を完成させるには正しい知識と方法、貸金業者への対応方法を知ってないといけません。

 

今回このページを読んでもらった人ならば、必ずや債権者の思惑にひっかからずに、時効援用に失敗することは避けられるんじゃないでしょうか。

 

もし不安であれば、専門家にまかせてしまってもいいんです。

 

あなたが借金の未納分から解放されるよう、賢く立ち回ってくださいね。