MENU

消費者金融の時効援用で失敗しない方法

消費者金融時効援用001

 

消費者金融の時効援用で失敗しない方法を解説!消費者金融相手の時効は成立条件を満たしていないと失敗してしまいます。正しい時効の知識と方法を知っていれば時効援用をミスせずに返済義務がなくなりますよ。

 

5年以上も前に消費者金融から借りたまま返済してない借金についての督促が急に自宅に届いて驚いた経験はありませんか。

 

消費者金融からの借り入れは1円も払わず5年以上経過した上で時効援用(消滅時効の援用)という手続きをしないと時効は完成しません。

 

時効援用する方法と失敗しないための対策についてまとめましたので、あなたもミスのない時効援用をして過去の借金からの決別を!

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

時効援用とは

消費者金融時効援用002

 

まず時効援用について簡単に説明していきたいと思います。

 

時効援用とは、消費者金融にあなたの借金について時効にする意思を伝えること。

 

時効期間が過ぎて時効が成立している借金に時効援用することで返済義務が消え、消費者金融からの催告や返済から解放されることになります。

 

次に具体的な時効援用の方法について説明していきましょう。

 

時効援用の方法とは

消費者金融時効援用003

 

時効援用の方法は簡単ですから、正しい方法が分かれば1時間もかからないかもしれません。

 

具体的には消費者金融に内容証明郵便で時効援用通知書を送ればいいだけ。

 

たまに知恵袋やまとめサイトで時効援用は電話や普通の手紙でも大丈夫なんて話を見かけますが、後々のトラブルを招きかねないので第三者(郵便局)に記録の残る内容証明で送るのが時効援用に失敗しないコツ。

 

時効援用通知書の書き方例はパソコンやスマートホンで「時効援用」「書き方」で検索すればすぐに見つかるので、ぜひググってみてください。

 

時効の中断にご注意を

消費者金融時効援用004

 

実は時効は返済する以外にも中断されることがあります。

 

まず第一に、貸し手側(消費者金融)が裁判所に訴えたり支払督促を申し立てると時効期間は10年になります。裁判所からの通知はムシせずに借金問題に詳しい専門家に相談すべき問題です。

 

第二に借金があることを認めるような言動をすることで、時効期間はリセットされます。

 

 

ちょっとイメージしにくいと思うので具体例をあげると
消費者金融から督促の電話があって、「今は生活が苦しいから返せない」と答えた。
催促状で「○月○日までに連絡がなければ法的措置をとります」と書かれていたので、慌てて消費者金融に電話した。
返済減額通知と書かれた書類が請求書に同封されていたので名前や住所を書いて送り返した。
などをもしあなたがやってしまったのなら、問題の行動をとった日を基準に時効期間がリスタートしている可能性があります。

 

 

消費者金融とのちょっとした通話が時効を妨げるなんて、知識がなければひっかかってしまいますよね。

 

この時点であなたは貸金業者の思惑に引っかかってしまっていたわけです。

 

時効援用前は消費者金融と連絡をさけて!

消費者金融時効援用005

 

時効援用を考えるきっかけが何年も届かなかった督促状が手元に届いたせいじゃないですか?

 

消費者金融は債権回収に詳しい知識とノウハウでもって時効援用対策をしてきます。

 

裁判所に訴えるなど連絡しないとヤバそうな文面で脅して連絡させたり、返済額を減らすから早く電話してこいと誘ったり、あの手この手で時効中断させて返済機会を失わせないなどのノウハウをもってます。

 

滞納してからの消費者金融からのあらゆる手紙や電話は時効の中断を狙った物だと思いましょう。

 

自分はうまく立ち回れると思ってる人でも、オペレーターにうまく誘導されてつい余計な一言を言ってしまったら時効が中断されて時効援用ができなくなってしまうかもしれません。

 

借金の時効援用前には消費者金融相手に連絡するのは、わざわざトラップにひっかかりに行くような物ですから、もし相談などがあったら債権者(貸金業者)ではなく無料の相談窓口などを利用するようにしてください。

 

時効援用に詳しい無料の相談窓口があります

消費者金融時効援用006

 

時効援用を相談するには法律問題に詳しい弁護士事務所や司法書士事務所が開設しているフリーダイヤルの窓口の利用をお勧めします。

 

匿名で相談できるうえに全国各地の相談者からの通話を受け付けているので、地方に住んでいて相談先がない方や仕事や家庭の事情で昼間は時間がとれない方でも24時間受付の専用相談所なら電話やメールをしやすいですよね。

 

相手は時効援用の解決実績が豊富な事務所ですから、疑問点や不安な事柄について聞いてみてはいかがでしょう。

 

相談したからといって強引に解決依頼をさせてくることもありませんから、あまり身構えずに相談できるんじゃないでしょうか。

 

特に消費者金融相手にこんな事を言ってしまったんだけど大丈夫だろうか?もし時効援用に失敗したらどうすればいいかといった疑問についても専門家視点のアドバイスは必ず役立つはずですよ。

 

もし時効援用に失敗してしまったら

消費者金融時効援用007

 

時効についての正しい知識がないままに時効援用をすると失敗してしまうことは少なくありません。

 

もし時効援用に失敗してしまったら、債権者は大手を振って一括返済を催促してきたり、悪質だと判断されて裁判所に訴えられてしまうかもしれません。

 

いますぐ訴えられることはないと思われますが、和解交渉や分割交渉、返済するあてがなければ債務整理や自己破産についても考えてみるべきでしょうね。

 

経験豊富な法律事務所ならば、あなたの状況に合わせたプランを提案してくれますよ。

 

まとめ

消費者金融時効援用008

 

自分も過去に時効援用によって昔に作ったクレジットカードの返済を踏み倒した経験があります。

 

その際は頼りになる司法書士さんを見つけることが出来たのと、会社にばれなかったので今でも同じ会社で働き続けています。

 

あの時あのまま時効援用しないで放置していたら、もしかしたら裁判所に訴えられて給料の差し押さえなどをされていたかもしれないんですよね。

 

生活が苦しくなる前にすぐに法務事務所に駆け込んだのはいまでも正解だと思っています。

 

返せないまま放置していた借金を他人に相談するのは覚悟が必要ですが、見栄をはらずに話をしてみることであなたの将来への負担が段違いに軽い物になりますよ。

 

あなたも早め過去の借金から手を切って暮らしも気分も楽になりましょうよ。