MENU

借金時効の期間について

借金時効の期間はご存じですか?

 

テレビの刑事ドラマやニュースなんかで犯罪に関する時効なんて話を耳にしますね。

 

借金時効の期間

ご存じの方も多いとは思いますが、実は借金にも時効があります。

 

 

借金には一定の期間支払っていない場合、消滅時効というものがあります。

 

債権者が債権を行使せず放置していると、その借金を請求できる権利を消滅してしまう事を指しています。

 

時効が成立すると債権者がいくら督促しても、借入者は返済の義務が消失しているため、返す必要がなくなるんですね。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

 

借金の時効については、お金の貸主によって時効期間が異なるんです。

 

たとえば、銀行ローン・クレジットカード・金融機関・信販・消費者金融業者など会社からの借り入れは、商事消滅時効が適用されます。

 

知り合い・友人・家族等の個人からの借り入れは、民事消滅時効が適用されます。

 

貸し主が会社などの商事消滅時効は5年、個人からの借り入れなど民事は、時効期間が10年とされています。

 

 

しかし、借金時効の期間が経過するのを待つのではなく、時効の主張を行う必要があります。

 

この行為を時効の援用と言います。

 

援用通知を相手方に送付する等、配達証明付きの郵便を送付する方法があります。

 

援用行為を行って初めて成立するため、この点に注意が必要です。

 

 

借金は借りたら返済するのが常識です。逃げ切る等と考え返済を延滞してもメリットは一つもなく、むしろデメリットの方が多いです。

 

それは住民票を移せない等の不利益を被る可能性もあるからです。

 

貸主は多数の人間と関わり経験豊富なお金のプロです。

 

 

借金問題を早期解決に導くためには、少しでも早く借金を返済し、元の生活に戻る事が一番よいのです。

 

しかし、今の状況では収入も少なく生活も苦しい状況で借金など到底返すことなんてできない。

 

そんな状況こそ、借金の時効援用をおこなうべきだと思います。

 

時効援用は、法的な救済措置です。

 

時効援用が可能かどうかは、専門家による借金時効の無料相談を利用するといいですな。

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション