MENU

借金時効の失敗はなぜ起きる?

借金の時効を失敗する話をちょいちょい聞きますね。



借金の時効を援用するときに失敗する原因には主にどのようなことがあるのでしょう。


まず考えられるのは、借金の時効を完成させるにあたり一定の期間が経過してない場合が考えられますね。

 

例えば、携帯電話、消費者金融やクレジットカード・銀行ローン・自動車ローンなどの借金は、


商法でいう商事債権にあたるので消滅時効は5年です。


ただし、時効が消滅するといっても5年経てば、「はい、時効ね!借金はもう払いません」ということではないんですね。


日本の法律では、一定の時効期間が過ぎたとしても時効の権利が発生したに過ぎません。

 

借金の時効期間を迎えたとしても、債権者(お金を貸した側)には継続して請求する権利が残っています。


なので、「ずいぶん昔に使ったクレジットカードの未払いが今頃になって請求されてきたというよくあるケースになるんですね。

また、わすれた頃にやってきた一括請求が元の債権者から債権譲渡されてサービサーなど、違う会社から請求される場合も同じことです。


当然、忘れた頃にやってきた請求ですから当の本人はビビリますね。(笑)


請求内容も元金+利息+遅延損害金を合わせて一括請求なんて金額を支払えるわけもありません。(T_T)


そこで頭をよぎるのが「この借金は時効じゃないのか?」ということですよね。


普通の方ならまず、そう考えるはずです。


できれば借金は、払わずに逃げたいと考えるのが一般的ですからね-(笑)


 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション

 

もし、あなたが過去に作った借金が本当に時効期間が経過していれば正しい方法で時効の援用を行えば借金の支払い義務はなくなります。

 

しかし、誤った方法を取ると時効の援用ができなるばかりでなく、せっかく時効期間を経過した月日もリセットされてしまうんです。

 

借金から免れたい、借金から逃げたと思うあなたにとっては、とても危険な行為になります。(笑)

 

その行為は、民法第147条(時効の中断事由)にあります。

 

条文の内容をみると「時効は、次に掲げる事由によって中断する。」とあります。

 

1 請求
2 差押え、仮差押え又は仮処分
3 承認

 

上記、中断事由に当てはまる場合は、継続または一定の時効期間が経過していても時効期間の計算が中断されることになります。中断されるというのは、時効の援用ができなくなってしまうということ.
もっと簡単にいえば、借金が時効できなくなってしまうということなんです。

 

 

1 請求ってなんのこと?

 

請求というのは、裁判所からきた請求をさします。なので、債権者(お金を貸したがわ)からの請求書や督促状や一括請求などは含まないんです。

 

 

2 差押え、仮差押え又は仮処分は1 請求と同じようなことになっちゃいますけど、裁判所から届く差押えや仮差押えを言います。

 

 

3 承認は、債権者からの借金を認めてしまった場合です。

 

3 承認については、時効が完成していなければいつでも有効です。仮に5年の時効期間が経過していたとしても時効の援用を行い時効が完成してなければ、時効期間はリセットされてしまうということです。

 

 

クレジット会社や消費者金融などから忘れた頃にやってきた請求書や催促の電話に対応してしまい過去の未払いを認めてしまえば時効は中断されてしまいます。

 

以上の理由で借金時効が失敗してしまうのです。

 

ウイズユー司法書士事務所
時効援用相談窓口

FD:0120-263-212

アヴァンス行政書士法人
消滅時効の援用
無料でお問合わせ

FD:0120-141-054

アヴァンス行政書士
法人で信用情報開示

FD:0120-159-028

アヴァンス行政書士法人

アヴァンス行政書士法人 信用情報開示プロモーション